マンガ

【キングダム】突撃じゃあ!

更新日:

P00194.jpg
ここ最近で1番はまっている漫画がキングダムだ。
歴史は苦手だったので最初は遠ざけていたのだがいざ読んでみるとめちゃくちゃ面白くて今まで読んでこなかったことに後悔、、、
舞台は中国、春秋戦国時代。下僕であった信、そして後の秦の始皇帝となる秦王、政。この二人が中心となる。
p0016.jpgp0022.jpg
信はもともと下僕であり、同じく下僕であった漂とその身分でありながら天下の大将軍を目指し日々修行に励んでいた。
そんなある日、なぜか漂が大臣の目に留まり仕官することになった。
すると後日、信のもとに深手を負った漂が姿を現し、信にある場所に行くよう伝え息を引き取った。
言われた場所へ行くとそこには漂と瓜二つの少年がいた。それが後の秦の始皇帝となる政だった。
これが物語の中心となる二人の出会いだった。
そして信は政に協力し無事反乱を制圧。
と、物語の冒頭はこんなもん。

この後、信ははじめは一歩兵として参加していたが戦場でどんどん功績をあげ、百将・三百将・千人将と駆け上がっていきどんどん夢の「天下の大将軍」へと近づいてゆく。
そして政は王ではあるが実権は力のある大臣に持ってかれているので何とか実権を取り戻そうと勢力争いに精を出す。
戦国ものとして戦は当然であるがこの王宮での勢力争いについてもしっかり描かれているのがいい。
この漫画は敵味方に限らず味のあるキャラが非常に多いと思う。
味方の武将はもちろんのこと敵の武将でさえ好きになってしまうくらいだ。
同世代で同じく将軍を目指すライバルもなかなかいい味を出している。
戦場では様々な策も飛び出し、戦は何度もあるが飽きない。
この飽きないのには上で書いたように味のあるキャラが多いのも大きいと思う。
感動シーンもしっかりある。
ここから先は少し中盤のネタバラしとなってしまうのだが、六大将軍の王騎の最後はとても印象に残っている。
王騎とは信が初めて出陣した戦で出会う。
中華全土で知られるほどの六大将軍の一人王騎。
信は後に王騎に修行をつけてほしいと申し出る。
するとまずは争いの起きている土地へ投げ出され100人ほどがいるその地平定しろという。
その地を平定することができれば修行をつけてやると。
そこで信は人を率いて戦うことを学ぶ。
その地を平定したころには秦が他国から攻められ戦が起きた。
修行は後回しとなり信はすぐに戦場へ向かう。
そこで秦が隊長となる100人の隊は王騎より「飛信隊」という部隊名をもらい特殊部隊として戦で活躍することとなる。
戦は勝てるかのように思われたのだが李牧という敵の軍師、武神と呼ばれる龐煖が現れたことにより王騎は瀕死の一撃を食らう。
もう命は助からないのだが何とか王騎を敵に渡すまいと秦軍が必死に逃がす。
その時に信が王騎の馬を操り、後ろに王騎を乗せ敵地から逃げる。
そこで死ぬ前の最後の教えとでもいうのだろうか、馬上から将軍の景色というものを見せ、信はなんとなくではあるが将軍というものを理解する。
そして敵から逃げ切り、信や王騎の配下の将などが集まる。王騎は一通り話をし、最後に自分の矛を信に渡し、そのまま馬上で絶命する。
自分は文章を書くのが上手くないのでなかなか伝わりずらいと思うのですが本当にいいシーンです。この先王騎が出てこなくなるのかと悲しくなったものです。
とまあ、長々と書いてきましたがとにかくキングダムは面白いです!
まだまだこの話が良かったとかもありますがネタバレになってしまうのでこの辺にしておきます。

Twitterより

 

 

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス) -

-マンガ

Copyright© 明日の空は何色? , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.