介護

介護について考える。

更新日:

ちょっと介護について思うことをつらつらと書いていきたいと思います。

介護業界のイメージ

皆さんは介護についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

よく言われるのは3K(きつい、汚い、危険)

身体機能が低下した方の身体的援助とはきついものです。
誰かを担ぐ時に、相手がしっかり掴まってくれる場合と、ただぐったりしている場合
どちらが大変かは歴然としていますよね。

 

厳しい給与の問題

どんなに大変な介護の現場であっても、介護という仕事が大好きだという方は多くいます。

しかし、今の介護業界では、どんなに介護が好きで、どんなにスキルがあろうと
他のやる気のない、スキルも対してない職員とそこまで大きく給与が変わることはありません。

介護業界と同じく、人手不足できつい業界と言われているIT業界。
こちらはスキルがあれば高収入が目指せます。
(それでも海外と比べると日本はまだまだですが、、、)

 

ではこの差は一体なんでしょう?
「介護は誰にでもできる仕事」
ここに尽きるでしょう。

 

介護はどうしても誰にでもできる仕事と思われてしまうのです。

確かに、40代、50代から介護の仕事を始める人もいます。
どこの施設も人手不足で猫の手も借りたいような状況です。

 

介護は本当に誰でもできる仕事なのか?

しかし、本当に誰でもできる仕事なのでしょうか?

「介護は誰にでもできる仕事」

この言葉は半分正しく、半分間違っていると自分は考えています。

 

利用者さんの日々の生活を助ける。
着替えや、食事、入浴、オムツ交換などなど、、、

確かにこの一般的な業務はある程度誰にでもできる仕事なのかもしれません。

 

でも、介護で本当に大切なこととはなんでしょう?
それは「その人の残りの人生を豊かにするもの」だと考えます。

 

上記の一般的な業務だけでいいのであれば介護療養型医療施設のような環境のところだけあればいいと思います。

そんな業務だけでいいのなら他の高齢者福祉施設はなくてもいいんです。

 

でも一度介護療養型医療施設に行ったことがありますが私は愕然としました。
本当に機械的な業務を行い、患者さんの心に寄り添ったことは全然行われてないという印象を受けました。

運営上仕方のないことなのかもしれません。
しかし、本当に笑顔は少なく、もし、自分の両親が介護が必要になった時に、こういうところには入れたくないと感じました。

ある有料老人ホームに勤めている方からのお話です。
その施設の利用者さんが病院へ搬送され、一週間ほど介護療養型医療施設へ入ったそうです。

そのかたが戻ってくると、それまでは毎日いい笑顔を見せていたのに、それが全く見られなくなったそうです。

 

本当の介護の仕事は、利用者さんが残りの人生を幸せだと思ってくれるお手伝いをするということだと思います。

私が先ほど「介護の仕事は誰にでもできる」という言葉は半分本当で、半分間違ってると考えているのはそういうことです。

 

機械的な業務だあれば確かに誰もができる仕事かもしれません。
しかし、利用者さんの心に触れる、その人の残りの人生を幸せなものにするお手伝いというのは誰にでもできることでは絶対にないと思います。

 

優秀な人材を大切に!

本来であればこのような利用者さんを幸せにすることのできる方が他の職員より高い給与を得るべきだと思います。
しかし、それは数字で表せるものでもないのでなかなか難しいことです。

介護という仕事が大好きなのに、すごくいい仕事ができるのに、
給与が低いということで介護の仕事を離れてしまう人もたくさんいます。

いえ、そう行った優秀な方の方が機械的に仕事をしている人たちより介護を離れる率が高いと思います。

そうなればもう悪循環です。
優秀な人材が介護業界から去って行ってしまい、介護業界はもっときつい業界となっていくでしょう。

しっかり利用者さんのことを思って接する職員さんが減っていけば、不穏になってしまう利用者さんも増えます。
そうなれば、職員さんの仕事量もストレスも増えていきます。
ただでさえ、人手不足なのにさらに人手不足が深刻化していきます。

これから少子高齢化はさらに進んでいきます。
このままの状態では介護業界はさらに大変なものになっていくでしょう。

 

最後に、、、

そういえば以前勤めていた会社が介護ソフトを提供していたのですが、お金にならず撤退していました。
どこの施設も潤沢な資金はそうそうないでしょう。
そうすると他業界からの参入もどうしても減っていきますよね、、、

そうならないために、何かできることはないだろうか、、、

 

 

-介護

Copyright© 明日の空は何色? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.