介護

介護職で幸せになりたければ積極的に転職しよう

投稿日:

介護

介護の仕事をしている方達の悩みとは何だろうか?

今回は厚生労働省より出ている資料を元に考えていきたいと思います。介護人材の確保について

資料によると過去働いていた職場を辞めた理由は以下のようになります。

 

1位【結婚、出産、育児】

これはまあ仕方ない。介護は女性職員の多い業界ですからね。
出産等で一度離れてしまった人も落ち着いたら復帰してほしいものですね。

 

2位【法人、事業所の理念や運営のやり方に不満があった】

こう行った状況であれば積極的に転職するべきだと思う。

これについての具体的な内容はわからないが例えば、利用者さんの気持ちをしっかり考えていないなど、劣悪な施設であればとっとと離れましょう。

正直、いい施設、悪い施設あるのだ。

そんな悪い施設は人がいなくなってなくなってしまえばいいと思う。

他にも施設はたくさんあります。必要としてくれる利用者さんもたくさんいます。

劣悪な施設にい続ければあなたも精神的にストレスを抱え、本来できたであろういい介護ができなくなるかもしれません。

よくない施設は淘汰されるべきだと思います。

 

みんながもっといいところで働こうと転職をしていけば、そのような劣悪な施設がなくなっていくことにも繋がっていくと思います。

辛い環境でも頑張ることに意義がある、という方もいるかもしれません。

でも我慢してそこで働き続けていれば雇い側にいいように使われてしまうだけです。

ただでさえ、大変な介護の仕事です。

転職活動はなかなか大変で面倒かもしれませんが、この先ずっと劣悪な環境で働き続けることと比べれば本当に一瞬のことです。

より良い環境で、より良いサービスを提供できるよう、一歩踏み出してしましょう。

 

第3位【職場の人間関係に問題があった】

どんな仕事をしていても同じだとは思いますが特に介護の業界ではこの問題が大きいように感じます。

実際に介護で働いていた知り合いは嫌な職員がいて、施設としてもその職員が非常に大きな問題となっていたため

その職員がクビになることで問題は回避しましたが、そんなことは滅多にはないでしょう。

 

どうせ引く手数多の業界なんです。

「私が辞めたら、ここの利用者さんが、、、」

と気にしてしまう方もいるかもしれませんが他にもあなたを必要としている人はたくさんいます。

今まで接してきた利用者さんを思う気持ちも確かにわかりますが、もっといい環境の職場のさらに質の高いサービスを提供しましょう。

 

 

介護職は幸せになりたければ積極的に転職しよう:まとめ

つらつらと書いてしましましたが、結局言いたいことは

「問題を感じているならとりあえず転職をしてみましょう。」

もっといい職場を探し、転職する人が増えることは、介護の業界をより良いものにしていく力になると思います。

今の嫌な環境にとっととおさらばしましょう。

 

よければ以下の記事もご覧ください。

 明日の空は何色?
明日の空は何色?
https://kudou00.com/nursing/think-about-nursing/
明日を想う雑記ブログ

-介護

Copyright© 明日の空は何色? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.